カウンセラー、セラピスト向け情報

浅いカウンセリングと深いカウンセリング、どちらが良いか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カウンセラー、セラピストにとって、
セッションが「深い」というのは、
「良いセッション」と、
ほぼ同義語になっているように思います。

でも冷静に考えるならば、
必ずしもそうではないはず。

なぜならセッションは、
何らかの生きづらさを抱えた方がお越しになり、
ラクになることを目的とすることが
大半だから。

もし「深い」セッションをすることが、
必ずこの目的に近づくならば、
「良い」と言えるでしょう。

でも実際は、
違います。

「深い」セッションをすることで、
逆に生きづらくなることだってあります。

だから限られた時間と予算の中で、
セッションを受けていただくクライエントさんに、
やみくもに深めるセッションを
行うわけにはいきません。

なぜならそれは、
「ラクになる」ための最善とは、
限らないからです。

ちなみに「深い」心理療法には、
2つの源流があるように思います。

一つはフロイト派の心理療法。
子ども時代の記憶を意識化させ、
傷を解消していく。
この切り口は
心理療法の始まりから大事にしている考え方ですね。

しかしフロイト自身、
ここから異なる理論、
アプローチへと変わっていきました。

ここは書き始めると長くなりますし、
本題ではありませんので、
別の機会に譲りたいと思います。

もう一つの源流は、
ユング派の心理療法です。
どちらも無意識を重視します。
つまり深めることを
大事にする心理療法です。

フロイト派が焦点を当てるのは、
生まれてから大人になる過程で抑圧が作り出した
個人無意識。
ユング派が焦点を当てるのは、
より普遍的な集合無意識。

どちらが深いかと言うと、
それは集合無意識でしょうね。
理論的にもそうです。

ちなみに私は、
個人無意識に焦点を当てたカウンセリングと、
集合無意識に焦点を当てたカウンセリング。

両方を受けた経験がありますけれど、
感覚的には集合無意識の方が
深みを感じますね。

これはスピリチュアルで言われる
過去生とは違います。
この考え方自体賛否が分かれますが、
仮に存在したとしても、
集合無意識の方が深いでしょうね。
なぜなら個人のアイデンティティを
越えているからです。

少し話が脱線しました。

もし単に深ければ深いほど良いのであれば、
集合無意識に焦点を当てたカウンセリングを
ひたすらやればよく
個人無意識へのカウンセリングは不要という
ことになってしまいます。

ただカウンセリングは、
そんなに単純なものではないと思います。

心は地層のようになっていて、
少し深い層は個人無意識。

そして非常に深い層は、
集合無意識と言うこともできます。

そしてどこに働きかけるといいのかは、
そのクライエントさんによって異なると、
思います。

それこそケースバイケース。

集合無意識中心に
進めたほうがいいこともあれば、
個人無意識中心に
進めたほうがいいこともある。

集合無意識はへのアプローチは、
いわゆる原型(アーキタイプ)を
大事にします。

個人無意識は、
現代ではインナーチャイルドワークとして、
取り組むことが多いです。

私の場合、
両方必要でした。

深ければいいというものでも、
ありませんでした。

でもこれは心理で考えると
納得しづらいかもしれませんね。
でも西洋医学ならどうでしょうか?

何らかの身体の不調を
運動、食事、内科的対応で改善を図る方法があります。
一方で、手術もありますね。
どちらが深いかと言えば、
手術、です。

でもみんなが、
進んで手術を受けることは
ないですよね。
リスクも大きいからです。

心理も同じで
深めるというのは、
それ相応のリスクもあるのです。

手術をするのは、
それに耐えられる身体の強さが、
必要となります。
心理的に深めるアプローチも
同じです。

クライエントさんの必要性もあれば、
それぞれメリット、デメリットがあります。

それらを総合的に考えて、
クライエントさんに提供することが大切なのです。

 

メルマガにご登録いただくと、専門家に役立つ情報が定期的に配信されます。
カウンセリング、セラピーのセッション力を高めるメルマガ(無料)
https://www.reservestock.jp/subscribe/3641

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. カウンセリングは「質問」と「寄り添い」を使い分けることが大切
  2. カウンセリング、セラピーのリピート率と満足度を高めるには
  3. カウンセラーが現場で、強烈かつ場違いな感情に圧倒される時
  4. 過去の記憶が甦ることの悪影響は、小さなものでも侮れません
  5. クライエントさんと協力関係を築くために必要なこと
  6. インナーチャイルドワークをカウンセリングで適切に進めるためのポイ…
  7. カウンセリングを進めていく上で観察力、感受性、直感は不可欠
  8. 心の中の様々なパート(部分)をエモーショナル・リ・バース・セラピ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

自分を追い込む癖があると仕事を頑張り過ぎ精神的に辛い ここから抜け出し楽になるのはカウンセリングでも重要なテーマです

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングをしてますと追い込み癖が原…

不全感があると動けなくなるし、仮に頑張っても虚しい理由と解消法

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングをしてますと不全感を訴える…

職場の人間関係や仕事内容による気疲れを解消する方法

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングの中で「仕事している…

職場、友人、親友、恋人、家族における人間関係の距離感がわからない このストレスを解消し、ラクに関わる方法

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングをしてますと「人間関係の距…

ひどい自己嫌悪に陥り、止まらなくて辛いときの対処法

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。自己嫌悪があると辛いですよね。自分で…

決められない 自分の生き方、仕事の進め方はもちろん、買い物すら優柔不断となり、決めた後も悩んでしまう原因と対処法

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングをしていますと「決められな…

怖さと不安で行動できない ギリギリまで何もできずイライラするのを改善する方法

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングをしてますと「行動できない…

自分がわからないのでイライラし、苦しくなってしまう この生きづらさの原因と対処法を解説します

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。自分がわからない、という悩みはカウンセリ…

生きるのが辛い、しんどい、きつい その4つの理由と、原因別こころが軽くなる対処法

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。生きるのが辛い。とにかくしんどい。…

フェイスブック、ツイッター等で、新型コロナウィルス情報を見て不安になったときの対処法

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。最近(2020年3月)、クライエントさんと…

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP