お酒 飲み過ぎ

お酒を飲み過ぎ、後悔するのにやめられないときの対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。

「お酒を飲み過ぎてしまう」という相談は、
カウンセリングでもよくあります。

自分でも「飲み過ぎている」と分かっている場合もありますし、
家族から「ちょっと多いんじゃない」と言われ
気づく場合もあります。

いずれにしてもお酒の飲み過ぎは
以外にコントロールが難しいものです。

なぜならばお酒は
気分を変えるための手段になっているからです。

お酒は基本的に
気分をリラックスさせるもの。

ダウナーとも呼ばれています。

アップダウンのダウンですね。

もしお酒を飲みすぎてしまって
コントロールが難しいなら、
高ぶってる気分がベースにあり
自力で下げることが
うまくできないということですね。

この高ぶりが、
ポジティブ感情ならば
お酒を飲むことはないでしょうね。

そしてネガティブ感情で高ぶっているのは
とても辛いので、
すぐ鎮めたくなるんですね。

主なネガティブ感情としては
不安、焦り、イライラ、
恐怖などがあります。

でも本人的には
それが当たり前になっていて
気づいていないことも。

でも辛さだけはどこかでわかっていて
お酒を飲むと楽になることは
わかってるんですね。

だから癖になりやすい。

さらに厄介なのは
アルコールというのは
依存性が高いこと。

同じ量だと
だんだん効果がなくなってくる。

つまり癖になるし
量も増えていきやすいです。

よく眠れない方が
睡眠薬代わりにお酒を飲むことがあります。

ただお酒による睡眠は
あまり質が高くありません。

そのためうつ病リスクも
高くなることが分かっています。

ですからお酒の飲み過ぎは
放置しないほうがいいです。

ただ意志力だけでお酒をやめるというのは
非常に難しいです。

元々依存性がありますし
気分を変える手段をいきなり無くすと
耐えられなくなってしまうからです。

この流れを変えるには
かなり腰を据えた取り組みが必要です。

比較的簡単に取り組めるのは
行動を変えること。

要はストレスを減らす
ということですね。

ストレスが少ないライフスタイルになれば
あまり高ぶらなくなります。

気分を変える必要性も
減ります。

さらにお酒以外で
気分を変える手段を持てると
いいですね。

お酒から別のものに
気分を変える手段を変えていくということです。

お酒の特徴は
簡単かつ短時間に気分を変えられること。

ですから手順が難しかったり
リラックスするまでに時間がかかりすぎるものは
向きません。
簡単で即効性があるものがいいでしょうね。

また過去のトラウマが大きいと不安やイライラ強くなり、
その辛さを日々お酒で紛らすということも起きやすいです。

その場合は対処法だけでなく
トラウマの解消も必要になってきます。

精神科の薬を飲むことには抵抗感があり
やめることに積極的な方は多いです。

それだけ副作用が
気になるということと思います。

でも実はお酒も
同じことです。

エチルアルコールという成分の摂り過ぎは
マイナス面が大きいです。

そして依存性は
精神科の薬以上のものがあります。

もし毎日のように飲んでいて
量も多い場合には
腰を据えて取り組んでいくことが大切です。

ご参考に慣れば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

関連記事

ひとりぼっちの辛さは「ひとりでいられる能力」を高めることで解消し、いい人間関係も持てるようになる
彼氏に依存しているのか、会えないと寂しくなったりイライラも強くなるのを改善したい
共依存カップル? メンヘラっぽい彼氏と付き合っていて、浮気グセや暴力があるのに別れられない

 

メルマガのご登録いただくと、心が楽になるヒントが定期的にメールで届きます。
とらわれを解放し、自由な心になるメルマガ(無料)
https://resast.jp/subscribe/1935

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 不安になるとずっと考えてしまいループに入る 息苦しくなり動けなく…
  2. 神経が高ぶり、疲れているのに眠れない時の対処法
  3. 葛藤には建設的なものと非建設的なものがあり、カウンセリングでの対…
  4. 恋愛で好きになったり嫌いになったりとコロコロ変わる気持ちを安定さ…
  5. 心がモヤモヤして辛い時の対処法
  6. 気分が悪くなる心理的原因と対処法
  7. 心を掃除すると身体の気持ち悪い感じが解消し、気分もすっきりします…
  8. 人前での過度な緊張、あがりをもたらす自意識過剰を解消する方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

脇の下に働きかけると堰を切ったように感情開放が始まりました

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。先日、私が開発したエモーショナル・リ・バ…

人前で緊張し足が震え、汗が出たり顔が赤くなるのを解消する道筋

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。仕事がら、「人前で足が震える」「人…

カウンセリング力を高め成功率アップにもつながる2つのポイント

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングには、いろんな目的がありま…

人からどう思われてるか不安でいっぱいで気になるときの対処法

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングをしていて多い相談の一つに、…

人間関係がいつもうまくいかなくいパターンを改善し楽になる

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。人間関係がうまくいくかどうかは、誰にとっ…

カウンセリングのテクニックに突然変異的のような大幅な進化が起きました

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。毎日のようにカウンセリングをやっていますが…

自分を追い込む癖の改善はカウンセリングでも重要なテーマです

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングでいろんな方々と日々お会いし…

葛藤には建設的なものと非建設的なものがあり、カウンセリングでの対応も変わってくる

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングのなかで、クライエントさん…

不安や過去にまつわる心の傷に対し、根性や気合でひたすら向き合うのは逆効果

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングではテーマが何であれ、不安…

クライエントさんと協力関係を築くために必要なこと

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。私がセッションを進めていく上で、まずは安…

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP