カウンセラー、セラピスト向け情報

カウンセリング、セラピーのリピート率と満足度を高めるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。

カウンセリングというのは、
経験を積めば積むほど
レベルアップするところがあります。

だから斬新なセラピーテクニックを身につけた
新進気鋭のカウンセラーが、
旋風を巻きおこすということは、
現場的にはまずありません。

それだけシビアなんですね。

現場でセッションをするときは、
斬新なアプローチをすることもありますが、
オーソドックスな展開も多いですね。

だからもし横で見ていても
特筆するようなことは、
何もないことも。

普通のことを
普通にやっているようにしか
思えないことも多いと思います。

でも初心者が
やっても、
全然同じようにはなりません。

そこには
小さくて大きな差があります。

基本的なテクニックを
使うだけだったとしても、
テクニックの選び方や、
導入する際の微妙なタイミングが違います。

クライエントさんに
マッチしたものを提供するように、
練りこまれているんですね。

私も駆け出しの頃は、
この違いが全く理解できませんでした。

達人がセッションすると、
普通に進めているようにしか見えないのに、
クライエントさんの反応が
全然違うのです。

ちょっとした介入で、
自分がどんなにテクニックを駆使するより
はるかに短時間で
深まるのです。

何をどうやればそうなるのか、
検討もつきませんでした。

でも今なら、
この違いがどこからくるのか、
少しは理解できます。

一番大きいのは
経験数の違いですね。

セッションの数が多いと、
◯◯のときは□□する、
といった必勝パターンが、
大量にデータベース化
されているんですね。

セッションの中で試行錯誤を繰り返し、
うまくいったりいかなかったり。

その経験の蓄積が多いと、
セッション中の判断の精度が
格段にあがるのです。

将棋の定石を、
きちんと身につけたのと
同じような現象が起こるのです。

この定石を効率よく
身につけたいところですよね。

一番いいのは、
自分にとって「この人なら」と思える、
カウンセラー、セラピストを
徹底的にモデリングすることです。

要はマネに徹する、
ということですね。

その際、あまり早い段階から、
自分なりの意見、工夫を入れると、
あまりうまくいきません。

伸び悩んでしまうのです。

守・破・離というのが、
ありますよね。

守というのは、
基本を守り
モデリングする段階です。

そして成熟してきたら破、
基本やモデリングしてきたことに
反することを試みることが
必要です。

そうしないと
モデリングだけだと、
お手本の劣化版コピーにしか
ならないからです。

それを破ることで、
モデリングした対象を
越えることが可能となるのです。

ただ多くの場合、
成熟する前に破に
移行することが多いですね。

これはモデリングの対象を越えるどころか、
劣化版コピー以下になってしまうことも。

伸び悩みの一番の原因とも思います。

私もある時期は、
愚直にモデリングに終始しました。

守に徹するのは
かなりの忍耐が必要でしたけど。

そして気がついたら、
破に移行していました。

機が熟したのだと思います。

そこからは斜め上の発展が続き
今日に至ります。

カウンセラー、セラピストとして
力をつけていくのは本来、
とても時間のかかる営みです。

セミナーを受講し
独力でレベルアップをはかるのは
至難の技。

「この人は」というカウンセラー、セラピストを
徹底的にモデリングしたあと、
オリジナリディを追求するのが、
最短コースと思います。
 

関連記事

カウンセリングで過去の辛い記憶に取り組むと楽になるどころか、逆に辛くなることもある理由と対処法
カウンセリング力を磨くには意識に加え、無意識の深さの区別が役立つ
カウンセラー、セラピストの熟練度によってクライエントさんの「防衛」への取り組み方は変わってくる

 

メルマガにご登録いただくと、専門家に役立つ情報が定期的に配信されます。
カウンセリング、セラピーのセッション力を高めるメルマガ(無料)
https://www.reservestock.jp/subscribe/3641

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. カウセリングでクライエントさんの思考をキャッチし変化を促す変える…
  2. 過去の記憶が甦ることの悪影響は、小さなものでも侮れません
  3. カウンセリング力を高め成功率アップにもつながる2つのポイント
  4. カウンセラー、セラピストの熟練度によってクライエントさんの「防衛…
  5. インナーチャイルドワークによる育て直しと、心の傷の修復、ビリーフ…
  6. クライエントさんと協力関係を築くために必要なこと
  7. 過去の辛い記憶に向き合わなくても克服できる方法はある
  8. インナーチャイルドワークは、本格的なやり方より、小回りの効くコン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

フェイスブック、ツイッター等で、新型コロナウィルス情報を見て不安になったときの対処法

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。最近(2020年3月)、クライエントさんと…

心が苦しい時、辛い時、言葉で楽になる対処法

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。心が苦しい時、辛い時は誰でもあるものです…

人に振り回されれるのは辛いし疲れる もう人間関係をやめたいと思っている繊細なあなたへ

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。人に振り回されることってありますよね。…

人混みや電車で視線が怖いのは2タイプあり、それぞれ対処法が異なります

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングで、「視線が怖い」という相…

好きだったことが、楽しくなくなる2つの理由と対処法

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングの中で、「好きだったことが…

両親が不仲で悪口を聞かされたり、仲裁役をさせられたりしてストレスです

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングのなかで、両親の不仲が話題…

仕事で頑張りすぎて疲れ気持ちが切れそうなときの対処法

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。日々のカウンセリングのなかで、「仕事を…

仕事のプレッシャー、人間関係等のストレスで辞めたいとき、後悔しないためのポイント

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングをしていると、今の会社を退…

スピーチでの緊張対策にリラックス法は本当に効果的? 

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。日々のカウセリングで、「スピーチで過度に…

確認癖や潔癖症の原因と対処法を知り克服する

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングでは、確認癖とか、潔癖症と…

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP