インナーチャイルドワーク

インナーチャイルドワークによる育て直しと、心の傷の修復、ビリーフの変容を組み合わせる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。

インナーチャイルドワークが必要になるのは、
「育て直し」のテーマが浮上した時。

要はクライエントさんのなかにある、
子どもの部分が
心の栄養不足に陥っているんですね。

この栄養不足は、
感情開放、ビリーフの変容といったアプローチだけでは、
不十分です。

ただ大切なのは、
「育て直し」のテーマが出てきたときに、
感情開放やビリーフの変容は
不要という意味ではないということ。

これらのアプローチを組み合わせたほうが、
「育て直し」は進みます。

心の傷が大きい場合は、
感情開放を先に行うのは
とてもいいですね。

心の傷による苦痛が大きい場合は、
「育て直し」より
苦痛の軽減が最優先。

苦痛を軽減することで
インナーチャイルドも楽になります。

ただそれは
心の栄養不足を満たしてはくれません。

ここがインナーチャイルドワークが
必要になってくるところ。

心の栄養不足があると、
根拠のない自信のなさにつながります。

それは成功体験だけでは、
埋められないことが多々あるんですね。

そのため慢性的な心細さ、不安、
満たされなさで苦しむことになります。

この栄養不足が解消していくと、
深い安心感、満たされ感が出てくるんですね。

そのために必要となってくるのが、
育て直し。

そして手段としての
インナーチャイルドワークですね。

ただ育て直しは、
子育てと同じで日々まめに行うことが大切です。

セッションだけで行うと、
ものすごい回数と期間が必要になります。

もちろんセッションでなければ提供できないものも
あります。

バランスがいいのは、
適度な間隔でセッションを受けていただきながら、
ご自身でもやっていただくスタイルですね。

つまりクライエントさんが、
自分だけでも行えるインナーチャイルドワークが、
とても大切になってきます。

ある意味セッションは、
その練習ですね。

しかもこのスタイルだと、
カウンセラー、セラピストに対する、
依存も起きにくいです。

もしカウンセラー、セラピストが、
直接クライエントさんに
働きかける方法だけを進めると、
強い依存が起きる可能性が高いです。

それはリピート率のアップにつながり、
売上的にはいいかもしれません。

しかしこのやり方で、
臨床的に起きていることとしては、
共依存ですね。

文字通り相手を頼る人と、
頼られることに頼る人による
カップリング。

機能不全の
関係性ですね。

「育て直し」ではなく、
固着が起きるパターンですね。

私的にはこのような
共依存を生み出す、
インナーチャイルドワークは、
好きではありません。

インナーチャイルドワークに対して、
嫌悪感を持つ方は、
この共依存パターンを
感覚的にキャッチされておられる方も
多いのではと思いますし、
私もそれに同意します。

ただ共依存による固着ではなく、
着実な「育て直し」につながり、
クライエントさんが満たされていく、
インナーチャイルドワークが本来であり、
その区別が大切と思います。

インナーチャイルドワークに嫌悪感が出てくる
もう一つのパターンは、
「強くなければいけない」という
ビリーフを強く持っている場合。

チャイルドに触れるということは、
「弱くなること」と思い、
拒絶反応が出やすいんですね。

この「強くなければならない」というビリーフは、
その背後で
より深いビリーフが作用しています。

心の奥底で
「私は弱い」とか、
「私は力がない」といった
自分に対する根源的な思い込みがあるんですね。

そう感じることは自分にとって、
何よりつらいことなので、
「強くならなければ」と
懸命に踏ん張るようになってしまったのです。

このままの状態は、
本当は辛いはず。

ここを変容させ
無理に突っ張らなくても、
「私は力がある」と実感できるようになるといいですね。

もしこのテーマに取り組むことに、
クライエントさんの同意が得られれば、
弱くなることへのアレルギー反応を、
コアビリーフにアクセスするための
入り口として活用できます。

その際、クライエントさんのビリーフパターンを
正確に捉えることが役にたちます。

その上で深めていくと、
コアビリーフに
心の栄養が届きやすいのです。

ビリーフパターンをキャッチする能力と、
栄養になる言葉を紡ぐ出す感受性。

この2つがあると、
以前もお伝えした、
コンパクトなインナーチャイルドワークが、
可能になってきます。

通常の会話を続けていくだけで
ビリーフパターンの情報がどんどん集まり、
必要なときに
コアビリーフに一気に迫れるようになるのです。

しかも、インナーチャイルドには、
極力クライエントさん自身に働きかけてもらうので、
依存にはならない。

慣れてきたら日常生活でも、
行えるようになる。

そんなインナーチャイルドワークを、
必要に応じてセッションでは、
行っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

関連記事

インナーチャイルドワークは、本格的なやり方より、小回りの効くコンパクトなものが現場で使いやすい
インナーチャイルドワークをカウンセリングで適切に進めるためのポイントを解説しました
インナーチャイルドワーク(内なる子どもとのコミュニケーション)は癒しにもなれば、メンタルの悪化につながることもある

 

メルマガにご登録いただくと、専門家に役立つ情報が定期的に配信されます。
カウンセリング、セラピーのセッション力を高めるメルマガ(無料)
https://www.reservestock.jp/subscribe/3641

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. カウンセリングを進めていく上で観察力、感受性、直感は不可欠
  2. インナーチャイルドワーク(内なる子どもとのコミュニケーション)は…
  3. 人間関係がいつもうまくいかなくいパターンを改善し楽になる
  4. クライエントさんと協力関係を築くために必要なこと
  5. カウンセラー、セラピストの熟練度によってクライエントさんの「防衛…
  6. マインドフルネスの手法で「今ここ」とつながると、辛い過去や未来が…
  7. カウンセリング、セラピーに「寄り添い」と「直面化」、どちらも必要…
  8. インナーチャイルドワークは、本格的なやり方より、小回りの効くコン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

確認癖や潔癖症の原因と対処法を知り克服する

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングでは、確認癖とか、潔癖症と…

休職と復職を繰り返しうまくいかないときの、タイプ別対処法

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。仕事がら休職と復職を繰り返し行き詰まって…

脇の下に働きかけると堰を切ったように感情開放が始まりました

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。先日、私が開発したエモーショナル・リ・バ…

人前で緊張し足が震え、汗が出たり顔が赤くなるのを解消する道筋

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。仕事がら、「人前で足が震える」「人…

カウンセリング力を高め成功率アップにもつながる2つのポイント

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングには、いろんな目的がありま…

人からどう思われてるか不安でいっぱいで気になるときの対処法

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングをしていて多い相談の一つに、…

人間関係がいつもうまくいかなくいパターンを改善し楽になる

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。人間関係がうまくいくかどうかは、誰にとっ…

カウンセリングのテクニックに突然変異的のような大幅な進化が起きました

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。毎日のようにカウンセリングをやっていますが…

自分を追い込む癖の改善はカウンセリングでも重要なテーマです

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングでいろんな方々と日々お会いし…

葛藤には建設的なものと非建設的なものがあり、カウンセリングでの対応も変わってくる

こんにちは、心理カウンセラーの高牟禮(たかむれ)です。カウンセリングのなかで、クライエントさん…

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP